海外赴任と住居

海外赴任など、長期出張中の方が、お住まいを他の方に貸して、賃貸料を受け取り、ローンの返済にあてがうことをリロケーション契約と言います。この契約を結ぶためには、不動産業者の仲介が必要です。住居を選ぶことで、あなたの人生が変わるかもしれません。よく考えて決断しましょう。

この契約は、海外では一般に行われていますが、日本では2000年3月1日に施行された定期借家制度によって、他者への住宅の貸し出しが可能となりました。都市を中心に住宅需要が上昇している昨今、より安価に住宅を利用できるリロケーション契約は、徐々にその知名度を上げています。住居の多くは鉄筋コンクリート製ですが、木造建築もあります。原則として、部屋のリフォームはできません。元の入居者の権利を保護する為、様々な行為が規制されています。あくまでも「長期利用可能なレンタル住宅」という事を意識しましょう。

契約は任意ですが、期間中の解約は原則不可です。単身者の方はもちろん、ご家族をお連れの方も、契約満了後のことをよくお考えください。分譲マンションを購入する資金を貯めるのか、それとも他のリロケーション物件を探すのか。選択はあなた次第です。どこに住み、何を行うかをイメージしましょう。