法改正で可能に

リロケーション契約は、多国籍企業に勤める、エリートビジネスパーソンが用いる方法です。複数の国や地域に出張し、その地域のアパートを借りて仕事をします。そのため、古巣となる家を留守にする方も多いです。このため、この契約を用いることで、空白期間の穴埋めが可能となります。

貸し出し期間の定めはありませんが、契約期間満了の半年前までに告知が必要です。定めのない限り、原則として再契約はできません。その他、詳細事項については、各不動産会社にお問い合わせ下さい。人気のある物件は、都心のマンションや駅から近距離にある物件などです。管理の都合から、一軒家よりマンションが中心です。この契約は、法律による規制を受けています。そのため、無茶な契約内容や、契約者の権利を侵害する契約は結べません。もっとも、「オーナーの要望」に関する項目は、きちんと目を通しましょう。紳士的に振る舞える方に、この契約をお勧めします。

契約を結ぶ時は、あらかじめ半年分の借入資金を用意しましょう。月払いの場合も、一括払いの場合も、元手となる資金があれば、支払いには困りません。特に都会の一等地マンションの場合、支払額が高額となりますので、ご注意ください。