リロケーションとは

不動産において、一定期間空家となる物件を、第三者にリースすることを、リロケーション契約と言います。この契約のメリットは、不動産を誰かに貸すことで、賃料を得られる事です。分譲マンションの場合、空家のローン返済が重荷となるため、この方法が用いられます。契約時には、所定の書面を熟読し、サインと判子を押します。一人で決断するのがおっくうな方は、ご家族の方と相談しましょう。お金がない方や、契約の維持が難しい方は、潔く諦めましょう。分譲マンションはグレードが高く、立地にも影響されます。良い立地のマンションは、その分値段も高いので、ご留意ください。

リロケーション契約は、通常は選択されません。「もう一度同じマンションに住むことが確定しているオーナーが、一定期間に限り、第三者に住居を貸し出す事」に同意されている場合、この契約が成立します。海外に頻繁に長期間ご旅行される方や、海外に複数のオフィスを持たれる方が、この契約のメリットを享受されます。この契約方法をご選択される時は、「契約条項」をご確認ください。契約後の中途解消は、日本においてはタブーとされます。契約前の熟考を求められますので、予めご注意ください。自信が無い方は、契約を見送りましょう。

不動産契約のポイントは、ご自身が長期的に住む事を前提と出来るかどうかです。リロケーション契約も、例外ではありません。少なくとも数年間、その場所に住む訳ですから、甘い考えを持たず、将来設計を考えましょう。