メリットとリスク

メリットの大きいリロケーション契約ですが、部屋の立ち退き問題や、家賃の滞納問題、契約延長などのリスクもあります。日本国内では、あまり馴染みのない制度ですので、不動産業者の立ち会いが必須です。

ケースは少ないですが、マンションを一棟所有し、入居者に貸される方もおられます。この場合、入居者とオーナーが直接話し合いをせず、不動産業者がトラブルに対処します。不良入居者の立ち退きも、不動産会社の仕事です。この契約を結ぶ前に、あなたの頭を回転させて、より完璧な思考を手に入れましょう。プランの構築や収入と支出のバランス、将来設計等、複数の観点から論考を行い、最善の選択肢を手に入れましょう。

リロケーションは、メリットとリスクがほぼ同一の契約です。賃貸のように、一定期間住み続けることができ、しかも料金以上の品質の分譲マンションを選べます。しかし、期間満了で退去し、その後の住居を見つけなければなりません。数年先をイメージできる方に適した契約です。家を借りることの重要性を意識し、今住んでいる家に未練がないかをよくご確認下さい。住居を契約する前に、必ず下見を行い、住居の状況をご確認下さい。今住んでいる家を手放す事も、ご配慮下さい。